フットサルの試合においては相手チームにボールを奪われてしまうと、相手チームが攻撃するチャンスが生まれやすくなります。

そのため自分達が攻撃中の場合、(わざとボールを奪わせるという戦術を取るような状況を除き)基本的には相手チームにボールを奪われないように立ち回っていくこととなるでしょう。

ですがいざ試合となると、特に初心者は次にパスを出せる相手やパスコースに迷ってしまう場合があるようです。

次のパスコースを見つけるまでに時間がかかってしまった場合、相手チームのプレーヤーにボールを奪われる隙ができやすくなってしまいます。

 

理想は、ボールを受け取った段階には、もうすでに次にボールを渡すべき味方プレーヤーへのパスコースのイメージができあがっていること。

そしてチームメイト全員が同じようなイメージを共有できているならば、パスを行うプレーヤーへどのようにフォローやバックアップをすればよいかを計算しやすくなります。

普段の練習の中に、パスコースを瞬時に見つける練習を組み込んでいきましょう。



例えば複数名で軽く走りながらパスを回していくという練習をする際、パスを回す前に「次にパスを回そうと思っている相手」の名前を呼んだり相手のほうを指差したりして(または名前よびと指差し両方)皆に対象を知らせてからパスを回す、という練習方法があります。

これならパスが回ってくる直前には、一足先に明確に自分へのパスが来るということが分かるため、次へのパスコースやパスを回す相手を考えるためにほんの少し時間の余裕ができます。

ある程度この練習をしたあとは、名前呼びや指差しをしないバージョンのパス回し練習をしたり、実戦形式での練習試合をしたりして、「パスコースを瞬時に見つける」という感覚が身に付いたかどうかを確認していきましょう。



なおパス以外にも、似たようなことが言えます。

試合の間は常時その次の段階で行うべきプレーを頭に浮かべながら、目の前の状況に対応していけるようになれば、ワンランク上のプレーができるようになるでしょう。